親族だけでお葬式がしたいなら家族葬がベスト

準備をする前の基礎知識

葬儀

地元のルール把握で安心

葬儀を行う場所が、四條畷市の場合、大阪周辺のしきたりに合わせるのが基本です。関東圏とは異なる点が多数あるので、まとめて確認しておきましょう。葬儀や告別式で使う香典袋は、黒白ではなく黄白であることや、友引の日に葬儀を行うときに不幸が続かないことを願って友人形を棺に入れることは広く知られるようになりました。また、葬儀や告別式の時に飲食の提供をすることを、関東圏では通夜振る舞いや精進落としと呼んでいます。しかし、四條畷市のある大阪圏では、提供する精進料理のことを「仕上げ」と呼んでいます。さらに、仕上げを召し上がっていただく部屋を仕上げ質と呼ぶといったように昔の名残があります。この仕上げには高野豆腐を入れるのが一般的です。高野豆腐を普段食べる時は四角に切り分けますが、葬儀の時は三角形に切ることで、日常とは異なるものだと切り離す考えが伝わっています。同じく日常と切り離すために行われるのは、逆さごとと呼ばれるものです。故人を棺に納める前に体を清める時も、ぬるま湯の作り方が違います。お湯に水ではなく、水にお湯を入れて普段とは違ことをするのも、四條畷市の葬儀では当たり前に行われています。そして、大阪周辺は人口が非常に密集しているのに反して、十分な火葬場があるわけではありません。四條畷市も同様のため、待ち時間があればご遺体の安置場所の確保が重要です。全国的に病院では安置しない傾向があるので、自宅もしくは葬儀社の安置スペースなども候補に入れて検討しましょう。